越前和紙 / ポチ袋
5e254586fa03d733bbef1118 5e254586fa03d733bbef1118 5e254586fa03d733bbef1118 5e254586fa03d733bbef1118 5e254586fa03d733bbef1118 5e254586fa03d733bbef1118

越前和紙 / ポチ袋

¥605 税込

送料についてはこちら

  • ふぐ(福)

    残り1点

  • 昆布(喜ぶ)

    残り1点

  • 伊予柑(いい予感)

    残り1点

  • 枡枡(益々)

    残り1点

  • ふくろう(不苦労)

    残り1点

1500年の歴史を持ち、公家や武家の封書や公用紙としても用いられてきた越前和紙。紙は言葉を伝えるだけでなく、大切なものを「包んで渡す」という使われ方もしてきました。日本の紙文化を受け継いでいきたいという想いでつくったのがRIN&CO.オリジナルのポチ袋です。北陸をイメージした淡い色合いの越前和紙を下地に縁起物をあしらいました。おめでたい場をさらに華やかにする3枚セットのポチ袋です。 ・ふぐ(福) ふぐの名前は腹がふくらむことが由来。「福」に通じる縁起物としてお祝いの席などで供されることの多い魚です。 ・昆布(喜ぶ) 昆布は「喜ぶ」に通じ、お祝いには欠かせない食材です。「子生」と当てることもあり、子孫繁栄を願う意味もあります。 ・伊予柑(いい予感) 音の響きが「いい予感」に通じ、吉報守りにも使われる伊予柑。一本の木が幾代も実らせることから子孫繁栄も象徴します。 ・ふくろう(不苦労) 日本では「不苦労」「福老」に通じるとして、縁起物とされてきました。ギリシャ神話では知恵の象徴でもあります。 ・枡枡(益々) 音の響きが「増す」に通じ、「福が増す」などと縁起物とされてきた枡。2つの枡で「益々繁盛」のようにも使われます。 ・お札(3つ折)、名刺が入るサイズです。 ・職人がひとつひとつ手折りしています。 ・和紙を漉く際にできる横筋「簀(す)の目」が特徴です。